包茎 訓練 の体験者が解説。包茎 訓練の方法などを紹介。

ホーム >> 包茎治療の方法を調べる >> 包茎訓練で治療する

包茎を訓練で治療する
日常の中で訓練をする方法

訓練によって直す方法は「皮をのばす」ことです。しかし、時間がかかりますからそれ相応の努力は必要です。

ムキムキ運動

真性というのは包皮口が狭くなってムケない状態のことです。仮性とは痛みがなくムケる状態です。包皮というのはどんなに努力しても短くなるものではありません。そこで改善するには、手術などで短くするか、常にむけている状態の癖をつけるか。そのどちらかです。ここでは後者の常に向けている状態を訓練によって作る方法を説明します。具体的な方法はたった一つです。

ペニスの包皮の先端のところの皮の両端を指でつまみます。皮は円状ですから端というものはありませんので違う場所をつまめばそれでかまいません。それを外向きに引っ張るだけです。真性の人は亀頭、包皮ともに非常に刺激に弱いものです。従って、痛みはもちろんあります。

訓練に慣れると少しずつ痛くなくなります。時間は長ければ長い方がいいですが、他の場所も訓練しなければいけないので5分区切りぐらいでやめましょう。5分立つと、次は先端より少し下の部分の皮を同じようにつまみあげ引っ張ります。時間も同じく5分です。
これをくり返し亀頭が終わるところ(2〜3cm)までこれを繰り返します。訓練の場所や時間などは特に制限しません。人目につかないところであればどこでもいいでしょう。私のオススメとしてはお風呂場です。湯船につかっている間などに行いましょう。お風呂に入っている時には皮ものびやすい状態になるそうです。訓練をするにはうってつけの場所ではないでしょうか。

もちろん、矯正による治療と同様、訓練による治療も短期間で効果は出ません、しかし2週間から2ヶ月ほど繰り返している間にちゃんと訓練の効果は出てくるでしょう。少しずつ手でむけるようになってきた、などの自覚症状が出れば後一歩です。そこが包茎脱却の第一歩となります。

この方法はインターネットで検索すると様々なサイトが紹介しています。その他にもおすすめの訓練があれば是非ご連絡ください。あなたが改善した訓練を広めることでこのサイトに来た多くの人を助けることができるかもしれません。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る