包茎手術とはどうゆうもの? 包茎手術とは 何かを体験者の目線で紹介。

ホーム >> 包茎手術を知る

包茎手術を知る

処置をする必要があるのか、それとも必要ないのか。また必要だった場合にはどういったリスクがあるのかを紹介します。手術を行う場合の一般的な手順や処置後の流れなどを説明します。

処置が必要か判断するには
手術をする必要があるのか、それとも必要ないのかを判断しましょう。

繰り返しになりますが、仮性包茎の場合、基本的に必要ありません。しかし、包茎であることで発生する精神的な苦痛やコンプレックスを解消するため、または衛生面での問題を解決するために手術を受ける方が多いようです。では、そもそも処置をすべき人はいるのでしょうか。

処置の種類を知る
いざ治療をするにしても色々な方法があります。

手術に関しては、医療行為としての泌尿科の行なうものと、美容整形的なものがあります。 実際は仕上がりの問題だけですが、両者の間に実質的な差異は、手術費用ほどにはありません。前者の場合、主に背面切開術、環状切開術などが行なわれ、後者は亀頭直下埋没法 ・クランプ式・根元部固定法 ・PPレーザー治療法などがあります。

その他に切開手術を伴わないナチュラルピーリング法などもあります。それぞれ一長一短ありますが、切開手術が基本である事に変わりはありません。

埋没型包茎の場合は、肥満して蓄積された脂肪にペニスが呑み込まれた格好になっているので、先ず痩せる事が優先されますし、靭帯によってペニスが引き込まれている場合は、小児科の分野となり、一般の成人に対するものとでは性格が異なります。

よくある失敗談
手術をするということはリスクがあります。

処置をすると決めたら、まず知っておくべきリスクを紹介します。これらリスクをしっておくことで事前のカウンセリングでクリニックに対応等を聞くとよいでしょう。

処置の手順について
想像しているより早く終わります

包茎手術とは、長すぎて余った包皮を切除するという、熟練した医師の手にかかれば最も簡単な部類に属するオペの一つです。しかし、その方法は実に様々な種類があります。同じ手動メスの場合でも各種切除法があったり、レーザーメス法、腸鉗子法、器具を使ったクランプ法など、いろいろな方法が展開されています。 これらは包茎手術の歴史の中で確立してきた手術法で、多くの治療実績を持っているものもあります。ここでは一般的な流れを紹介します。

処置後の流れについて
処置が終わってからってどうすればいいのかな

術後は約1ヶ月程度で完治すると言われています。基本的には術後に通院する必要はあまりないようです。もちろん、手術するからといって入院する必要もなく翌日から普通に生活ができます。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る