包茎手術の方法を分かりやすく説明しています。包茎手術の方法を調べるなら。

ホーム >> 包茎手術を知る >> 包茎手術の手順について

包茎手術の方法
一般的な方法を紹介します。

1.準備

方法その1

ズボンとパンツを脱いでベットに寝ます。術後は患部を締め付けないようゆったりしたズボンやパンツを用意する方が多いようです。

2.消毒・麻酔

方法その2

ペニスとその周辺を消毒します。手術の邪魔になる場合、陰毛をカットする場合もあるようです。消毒が終わると、麻酔をします。手術をした方の多くは痛みをほとんど感じなかったと報告をうけます。だいたい2分程度で麻酔が効くようです。

3.カット・縫合

方法その3

余分な皮をカットし、縫合します。自然に溶ける糸を使う場合と後で抜糸が必要な糸を使う場合があるようですが、今は溶ける糸の使用が多いようです。

4.薬の塗布・包帯

方法その4

患部に薬を塗布し、包帯します。ペニスの先は露出させて包帯するようですので、排尿には問題ありません。

5.手術終了

方法その5

これで手術は終了です。術後は1ヶ月程度で完治することが多いようです。1ヶ月経過後はセックス、オナニーもできます。シャワーは翌日から患部を気にしながら入れるようです。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る