包茎手術の判断に迷っていませんか?包茎手術の判断 方法を紹介します。

ホーム >> 包茎手術を知る >> 包茎手術が必要か判断するには

手術の判断
手術を受ける前に他の方法は検討しましたか?また、一方ではすぐに受ける必要のある場合もあります。ここではあなたがどうすればいいのか判断できる材料を紹介します。是非適切な手段を選んでください.

手術に向かない人

ペニスの長さが通常4cm、勃起時には10cmの人だった場合、勃起時に皮がのびるよう最低でも 10cm - 4cm = 6cmは余っていることが必要になります。あなたのペニスがこの計算式に該当するcmよりも長い場合、長い分は手術で切ることも検討できますが、もし足りない場合はもう一度考える必要があります。無理に手術を行ってしまった場合、勃起時に皮が足りずに突っ張ってしまい、結果として皮を付け足す手術を行わないといけないケースもあります。

手術を検討する必要がある人

真性包茎や、カントン包茎などの場合でも訓練や器具によって手術をしなくとも対応が可能な場合があります。しかし、こういった手術以外の方法をすべてやりつくした上で、仮性包茎にならなかった場合、包茎手術を検討する必要があります。
一般的には包茎は病気ではありませんので、包茎のhとは必ず全員手術をしなければいけないというわけではありません。しかし、上記の例にあげたように手術を必要とする場合もあります。その他にも、自分がそうでしたが、仮性包茎だとしてもそれ自体コンプレックスになっている人は、手術を受けたほうがよいと思います。どちらにせよ、無料診断を行ってくれるクリニックがありますので、一度専門医に相談されても損はないのかと思われます。

手術の必要がない人

繰り返しになりますが、真性やカントンといったケースは手術を必要とする場合が多いですが、仮性の場合は基本的には手術を必要としません。
しかし、包茎であることがコンプレックスになること、そういったコンプレックスを持つ人は多いようです。事実、私がそうでした。日本では、残念な事に包茎に対して悪いイメージを持つ人が多いのもあげられます。
もちろん、そういったコンプレックスをもたずに過ごされる人もいるのも事実です。包茎手術の判断を行う上では、このサイトもそうですが様々な情報をもとに行うことでしょう。それぞれのケースにそれぞれの結果がありますが、あなたと全く同じ状態で同じ考え方をする人はいません。つまり、参考としてさまざまな情報をうまく使うことは大事ですが、あくまでも参考として考える事、そして、すべての決定はリスクもあればメリットもあるということをふまえ進んでいく事が大事です。
無料で診察をしてくれる専門医に相談するという事だけでもだいぶ有意義な情報が手に入るのではと思います。是非、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る