包茎手術 の 方法 を知っていますか? 包茎手術 の 方法を詳しく紹介しています。

ホーム >> 包茎手術を知る >> 包茎手術が必要か判断するには

処置の種類を知る
手術を受ける前にはどういった処置を行うか説明を受けましょう。その際、専門用語やある程度の知識がないと理解もできません。

背面切開法

背面切開法は全身麻酔下で、亀頭と包皮が癒着している場合はそれを剥がし、包皮の先の狭い開口部を縦に切開し、剥けやすい状態に広げてから縫合し、いわゆる仮性包茎の状態にする包茎手術です。重度の仮性包茎や真性包茎、カントン包茎、また子供に行われるもので、比較的簡単な手術ですので手術時間も約15分程度で終わります。

背面切開法のメリット

  • ・手術時間が短い
  • ・切開する部分が少なく、切除する部分がないので体への負担が少ない
  • ・傷の回復が早い
  • 背面切開法のデメリット

  • ・傷跡が目立ちやすい
  • ・手術した部分に水分が貯まって大きく腫れることがある
  • ・仮性包茎をコンプレックスと感じる人には不向き(基本的に平常時は亀頭が包皮に覆われているため)
  • 環状切開術

    環状切開術は陰茎を最大限に伸ばした状態で、余分な包皮を環状に切除し、包皮小帯は切除せず亀頭を露出するようにする、子供から成人まで一般的に行われている包茎手術です。

    環状切開術のメリット

  • ・手術時間が短い
  • ・術後の痛みがそれほどない
  • ・縫う糸は自然に溶ける糸(吸収糸)を使うため抜糸の必要がない
  • 環状切開術のデメリット

  • ・縫合部位でのツートンカラーが比較的目立つ場合がある
  • ・入院が必要な場合がある
  • 亀頭直下埋没法

    亀頭直下埋没法は勃起時の陰茎(ペニス)の大きさに合わせて余分な包皮を切除し、亀頭のすぐ下で縫合せるという方法で行われ、いまでは多くの美容外科や形成外科などで取り入れられている包茎手術です。

    亀頭直下埋没法のメリット

  • ・術後も傷跡があまり目立たない
  • ・ツートンカラーになることがない
  • ・平常時も剥けているのでコンプレックスがなくなる
  • 亀頭直下埋没法のデメリット

  • ・SEXは3週間~1ヶ月できない
  • ・入浴は10日~2週間できない
  • ・まれに術後に出血することがある
  • 亀頭下環状切開術

    亀頭下環状切開術とは、環状切開術と亀頭直下埋没法を組み合わせた方法で、環状切開術の傷跡が目立ちやすいというデメリットと、亀頭下埋没法のデメリットを補い、ほぼすべてのタイプの陰茎(ペニス)で可能な包茎手術です

    亀頭下環状切開術のメリット

  • ・勃起時のツッパリ感がほとんどない
  • ・ツートンカラーになることがない
  • ・比較的簡単な手術で腫れが残りにくく、自然な感じに仕上がる
  • 亀頭下環状切開術のデメリット

  • ・基本的に感度の低下はほとんどないが、亀頭直下を切るため人によっては感度が悪くなる場合がある
  • 根部切開法

    根部切開法は一般的によく行われている、陰茎(ペニス)の先の余分な包皮を切除して行う包茎手術ではなく、陰毛に隠れた陰茎(ペニス)の根元部分の包皮を切除し、包皮を引っ張って亀頭を露出させてから縫い合わせる包茎手術です。

    根部切開法のメリット

  • ・自分の手で剥いたのと同じ自然な状態を保つことができる
  • ・傷跡が亀頭の下、陰毛に隠れるためほとんど目立たない
  • ・亀頭から続く薄くて敏感な皮膚を残すため感度が下がらない
  • 根部切開法のデメリット

  • ・極端に包皮が余っている方には行えない場合がある
  • ・包皮を切らなさ過ぎだと非勃起時に完全に亀頭が露出しない場合もある
  • ・包皮を切り過ぎると勃起時に突っ張った感じが残ることがある
  • 前部環状切開法

    前部環状切開法は、余分な包皮を亀頭の近くで切除するという包茎手術です。

    前部環状切開法のメリット

  • ・手術後の腫れが比較的少ない
  • 前部環状切開法のデメリット

  • ・勃起時に傷跡が比較的目立ちやすい
  • 埋没陰茎矯正術

    埋没陰茎矯正術は陰茎(ペニス)の根元を2~3cm程度切開し、陰茎(ペニス)と恥骨を固定している靭帯の一部を剥がし、陰茎が埋没してしまわないように糸で固定する、埋没型包茎で靭帯が強く引っ張ってしまい、陰茎(ペニス)の長さが気になっている人に行う包茎手術です。

    埋没陰茎矯正術のメリット

  • ・軽度の包茎であればこの手術だけで治ることもある
  • ・傷跡は陰毛に隠れてしまうので目立たない
  • ・恥骨から陰茎(ペニス)を完全に分離させるわけではないので、勃起時にペニスがぐらついたり、角度が悪くなる心配はない
  • 埋没陰茎矯正術のデメリット

  • ・仮に埋没型包茎の状態であったとしてもこの埋没陰茎矯正術だけで治るとは限らない
  • ・包皮の切除を同時に行う必要があることもある
  • P.Pレーザー治療法

    P.Pレーザー治療法は亀頭のすぐ下の包皮をレーザーを使い環状に切除し、縫い合わせていく包茎手術です。

    P.Pレーザー治療法のメリット

  • ・レーザーを使うことでメスで行う手術よりも出血を抑えることができる
  • ・包皮小帯を残すので感度が下がらない
  • P.Pレーザー治療法のデメリット

  • ・高度な技術が必要になるため、包皮小帯が傷つけられる恐れがある
  • 恥骨部脂肪吸引術

    恥骨部脂肪吸引術は陰茎(ペニス)、太ももの付け根を数ミリ~1cm程度切開し、細い吸引管を挿入し、恥骨付近の余分な皮下脂肪を吸引し、脂肪に埋もれた陰茎(ペニス)を出し、以前の長さに戻す手術です。

    恥骨部脂肪吸引術のメリット

  • ・脂肪に埋もれていた陰茎(ペニス)が出ることで、以前の長さが戻る
  • ・下腹部の脂肪を吸引することによって、スタイルが良くなり、引き締まる
  • ・一度吸引した脂肪細胞は元に戻ることが無いため、再び脂肪がついてしまうことがない
  • 恥骨部脂肪吸引術のデメリット

  • ・この恥骨部脂肪吸引術と、その他の包茎手術を併用する必要がある場合がある
  • 保存療法

    包茎手術における保存療法とは、包皮を飜転し、包皮の開口部に1日1~2回程度弱いステロイド軟膏を塗って、再び飜転した包皮を元に戻し、これを1~2ヶ月続け、徐々に包皮の開口部を広げ、包茎を改善していく、基本的に真性包茎を仮性包茎の状態にする療法です。

    保存療法のメリット

  • ・非常に簡便でありながら70~80%程度は有効
  • ・手術ではないので傷跡が残らない
  • ・手術ではないので感度が下がることがない
  • 保存療法のデメリット

  • ・即効性がない(1~2ヶ月程度続ける必要がある)
  • ・用手的包皮翻転は、カントン包茎や出血の危険性がある
  • ・亀頭が完全に露出せず包皮の癒着が一部残ることがある
  • 切らない包茎手術

    切らない包茎手術としては、ナチュラルピーリング法と根元部固定法があり、一般的に切らない包茎手術は軽度の仮性包茎の人に行われる包茎手術です。

    切らない包茎手術のメリット

  • ・ほとんど痛みがない
  • ・包皮を切らないので傷跡ができない
  • ・切らない包茎手術なので体への負担が少ない
  • 切らない包茎手術のデメリット

  • ・元に戻ってしまう可能性がある
  • ・仮性包茎でも包皮が極端に余っている人、真性包茎、カントン包茎の人には行えないことがある
  • 根元部固定法

    根元部固定法は余った包皮に専用接着剤を使い、陰茎の根元で固定する、包皮を切らない包茎手術です。

    根元部固定法のメリット

  • ・ほとんど痛みがない
  • ・包皮を切らないので傷跡ができない
  • 根元部固定法のデメリット

  • ・一定期間経過すると接着剤の接着力が落ちてきて、再び包皮が被った状態になる可能性がある
  • ナチュラルピーリング法

    ナチュラルピーリング法は二重まぶたに使われる技術を応用し、剥いた状態の包皮を美容外科用の細い糸で数ヶ所縫い、包皮を切らずに剥けるクセをつけ包茎を改善して包茎手術です。

    ナチュラルピーリング法のメリット

  • ・全く傷が残らず、自然な仕上がりになる
  • ・体への負担が少なく回復も早い
  • ・溶ける糸を使えば抜糸の必要がなく、再来院をする必要もない
  • ナチュラルピーリング法のデメリット

  • ・包皮輪の狭い方には適用されないなど適応条件がある
  • ・同様に極端に包皮が余っている方には行えない場合がある
  • 複合曲線作図法

    複合曲線作図法は、一人一人の包皮の余り具合に合わせ、切除線を亀頭から適切な箇所に設定することにより、傷跡がきれいに隠れ、手術したことがわからない自然な仕上がりで、手術によって陰茎の見た目と機能が損なわれないような切除方法をとっている。他の泌尿器科やクリニックでは採用されていない上野クリニック独自の包茎手術です。

    おすすめのクリニック:上野クリニック
    業界老舗のクリニック

    業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

    ▲ページトップへ戻る