カントン包茎 の情報を体験者目線で説明。カントン包茎 を調べるなら。

ホーム >> 包茎の判定 >> カントン包茎のあなたは

カントン包茎のあなたは
むけるけど、一度むくと戻らない。

カントン画像

カントン包茎は、無理に剥けば亀頭の露出が出来るが包皮口が狭いために、剥いた包皮が亀頭の下の陰茎を締め付けてしまう状態のものを言います。カントン包茎の状態で性行為を行うと、包皮が裂けて出血したり、陰茎が締め付けられたために先端の亀頭が壊死する危険性があります。 このことから、カントン包茎は早めの手術の必要があります。

カントン包茎の場合は、オナニーなどを始める頃までは、勃起回数も少ない事から症状がほとんどありません。成長に伴いペニスが大きくなるにつれカントン包茎による締め付けなどの痛みも激しくなるようです。

カントンの症状が分かる思春期という時期が精神的な問題、コンプレックスとして影響する場合も多く、放っておくと将来精神面での症状もでてくると言われています。カントンの状態になって、無理に性交をすることで、ペニスを傷つけて、感染症になる危険性もあるばかりか、性交自体が困難となりますし、壊疽などの症状を引き起こし、病院へ担ぎ込まれる事態に陥りかねませんカントン包茎治療の必要という視点から見ると真性よりもカントン包茎の方が危険な状態といえるでしょう。特に仮性とカントン包茎の違いは大きくなった時に分かるという意味で分かりずらいです。少しでも心当たりがあると感じるのであれば、一度クリニックへ相談へいかれることがよいでしょう。もちろん、真性同様、カントン包茎にも健康保険の適用がなされます。

補足ですが、カントン包茎の場合、トレーニング、器具などによる改善は考えない方がよいでしょう。理由は簡単です。向く事よりも向いた後の対応が大事だからです。仮性、真性に関してはむけるようになることが大事ですが、カントン包茎に関していえば、向いた後、ペニスの形状が特質であるが為に発生することが問題だという点から上記二つの状態とは全く性質がことなります。よくカントン包茎すらトレーニングや器具での改善を目指す広告などを目にしますが決して間違える事なく自分に会った方法を選んでください。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る