真性包茎の情報を体験者目線で説明。真性包茎 を調べるなら。

ホーム >> 包茎の判定 >> 真性包茎のあなたは

真性包茎
全くむけない状態である

真性包茎

真性包茎は通常時でも勃起時でも包皮口が狭いために亀頭が露出できない状態のものを言います。包皮口が非常に狭い状態のために、手で剥こうとしても全く剥くことが出来ません。包皮口が狭いだけでなく亀頭と包皮が癒着している場合もあり、無理に剥がしたりすると出血などの恐れがあります。

真性包茎 は勃起するしないに関わらず、亀頭が常に包皮で覆われている状態になっており、無理に包皮を捲ろうとすると、痛みが走る状態を言います。また、日本人の真性包茎率は1割前後と言われていますが、手術が必要なケースは0.1%であるともいわれています。

勃起時には常に痛みが走りますから、セックスすることも大変です。射精までたどり着けたとしても、十分な射精がされないこともあるようです。真性包茎といっても包皮は細菌や感染症からペニスを守る役割があることから、一定の年齢まで真性包茎と診断を下さない事も多いようです。

真性包茎は絶対に手術をしなければならないわけではなく、10代だとまだまだ成長や変化が想定れますし、その結果自然と向ける状態になる可能性もありますので、判断をするタイミングとしては成人になっても真性包茎の状態が続くようでしたら、治療が必要だと言えます。真性包茎を放置することは、包茎の状態では亀頭の正常な成長が妨げられるために、先細りや短小の原因にもなります。性行為の際には、勃起による痛みや不衛生な状態のため炎症や感染症を起こしたりする場合があります。真性包茎の場合、健康保険が適応されますから安くあがりますが、手術の方法としては仕上がりなどをあまり意識しない方法が取られる事が多いようです。結局、包茎という問題の多くは見た目などから生じる精神的な問題だと言われている事から、やはり専門のクリニックなどに相談にいく事がよいといえます。

真性包茎の治し方は大きく4通りあると言われています。

  • 包茎手術を受ける方法
  • 真性包茎用の矯正器具や下着を使用する方法
  • ステロイド軟膏を使用する方法
  • トレーニングを用いた方法

包茎手術.comでは主にトレーニング、手術の二つを推薦します。理由は、矯正器具を使う方法やトレーニングと近い理屈であること、ステロイドを使う理由もトレーニングと同義だととらえているからです。もちろん、器具やステロイドというアシスタントがあればトレーニングも効果があるでしょう、しかし一方でお金を使うのであれば手術を行ったほうがよいと考えるからです。

補足として、真性包茎は自分でトレーニングをすることによって、真性という状態から仮性の状態まで改善することができます。詳しくは治療の方法を調べるを見てください。決して焦らず、無理をせず毎日少しずつトレーニングを行うことで改善できます。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る