包茎とは 病気なの?など 包茎とは なんなのかを説明します。

ホーム >> 包茎の正しい知識 >> 包茎とは

包茎とは
包茎に関する正しい理解が大切です。

日本人の約60%が包茎だといわれています。

男性は成人になると、ペニス先端部の皮膚が後退し、亀頭が露出するようになります。しかし、なんらかの原因によって後退せず、覆ったままの状態にあるものを包茎といいます。日本人の約60%が包茎だと言われています。つまり、10人中に6人はそうだというデータになります。私はこれを知ったとき、変な安心感のようなものをえました。また、子供のペニスはほとんどが皮をかぶったものであり、それが大人になるについれてすこしづつ変わっていくという事実を知らない母親も多いようです。小学生のお子さんを持つお母さんからメ−ル相談が複数きます。自分や子供がそうだとしてもまずそれほど焦る事なく、10人に6人がそうだという事実を思い出してください。不安を持つ事や焦る事から生じる精神的な課題のほうが包茎よりも大きな問題として残ることがおおいからです。

包茎はそれ自体が病気ではありません。

包茎とは決して病気ではありません。しかし、包茎であることが原因で、自分のペニスに対するコンプレックスを持ち悩む方は多いのが現実です。その多くは上記で説明したように劣等感や焦りなどが原因になり、精神的な課題として将来まで引きずってしまうことは多々あるようです。また、亀頭が露出されていないことが原因で、包皮内の亀頭を十分に洗浄することができないため、恥垢(ちこう)という垢がたまり、雑菌が繁殖することがよくあると言います。さらには悪臭、亀頭包皮炎などの感染症を引き起こし、パートナーに迷惑をかけてしまうことなどもあります。こういったこともそれ自体より異性に対する不安を覚えてしまい精神的にまいってしまうという結果になります。それだけでなく、衛生上、パートナーに対して迷惑をかけないという意識から手術等を通じて包茎を治すことを考える方は多いようです。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る