包茎はマイナス?実際に包茎である方の情報から包茎のマイナスを分析します。

ホーム >> 包茎の正しい知識 >> 包茎をほっておくと

包茎をほっておくと
包茎をほうっておくだけで生じる多くのデメリット

包茎のマイナスイメージ

包茎は病気ではありません。しかし、一般的にこの事実を知っている方は少ないのが現状です。現実には包茎とは、早漏である。女性に持てない、人にばかにされる。温泉など他人にみられるのが嫌だ。そういった認識が多いのではないでしょうか。またそういった認識から生じるコンプレックスで勃起不全の原因の一つにもなります。こういった視点からも包茎手術を検討される方が多いと報告を受けます。

包茎による性生活でのでデメリット

包茎は早漏の原因になると言われています。これはある意味あっています。包皮による刺激が強く早漏に結びつくと言われているからです。一方、亀頭の露出が少ないことが原因でセックス時に女性を満足させるだけの刺激を提供しずらいケースもあります。また、真性包茎、カントン包茎などの場合、セックスそのものが刺激となり苦痛になるというケースもあるそうです。性生活の向上という意味でも、専門医に相談されることをおすすめします。

包茎による衛生面の不安と病気

包茎であることで、どうしても恥垢が溜まりやすく、臭いやすいという不安があります。臭いだけでも大変ですが、亀頭に溜まった恥垢によって、包皮炎や亀頭包皮炎の原因になったり、さらには性病のウィルスや細菌が亀頭と包皮の間で増殖をおこし、炎症をおこなした包皮に感染リスクも高まってきます。もちろん、感染症というレベルになるとあなただけの問題ではなく大切なパートナーへのリスクにもつながります。こういった衛生面の理由から包茎手術を希望する方が多いようです。

他人にペニスを見せることへの不安

私自身の経験でもそうでしが。同性とお風呂に入るなどの場面で自分だけ一緒に入らないということがよくありました。彼女とセックスをすることにもいつも変なプレッシャーのようなものがあり、明るい部屋では見せたくないと強く考えていました。単純にかっこわるいというイメージが原因だと思います。イメージだけかぁと思う人は多いでしょう。しかし、本人からすればそれは死活問題です。訓練や器具による方法ではこの視点からの解決ははかれません。手術を用いた治療を目指す方が多い一番の理由はここにあるのでしょう。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る