包茎について 説明します。メリットは?デメリットは?など、包茎についてなら

ホーム >> 包茎の正しい知識

包茎の正しい知識

包茎とはなんなのか。病気なのか、それとも病気ではないのか。寄せられる多くの意見を参考に、情報をまとめてみました。

包茎とは
日本人の約60%が...

男性は一般的には成人になるにつれ自然とペニスの先端にある皮膚がつけ根の方へ交代して亀頭が露出するとされています。しかし、様々な理由から包皮が後退せず亀頭を覆ったままの状態にある場合があります。それを包茎と呼びます。一般的にと言いましたが、包茎の人は意外と多く、日本人の約60%程度の人がそうだといわれています。つまり、こういった症状を持つ人は案外多いのです。誇大広告にあるような文言を真に受けることなく、現実を知ってください。しかし、一方でそうと分かっていても自分がそうであるという事が原因で精神的な課題を持ってしまうことも事実です。客観的な事実を知りながら、どう対応していくかを考えましょう。ちなみに、私はそれでも劣等感が拭えないため手術を行いました。

包茎をほっておくとどうなるの
身体的、精神的な問題を知る。

包茎の状態を放っておく事で心配される事がいくつかあります。まずは、細菌が繁殖し、炎症を起こしやすい問題、同時にコンジローム、ヘルペスなどができることもあるという問題もあります。そして、よく言われる事としてはニオイなどが発生する元になるということもあげられます。このように包茎であることから衛生に関する問題があがります、そしてそれは同時に精神的な問題としても重なることになるのです。

つまり、ペニスを清潔に保つことが必要だとわかります。また、清潔に保つだけではなく最終的には、自分にあった方法で包茎を克服し、コンプレックスやデメリットの元を絶つことで健康的な状態を作りっていくにはどうすればいいのでしょうか。

自分が包茎なのか判定してみる
自分のペニスを判定する。

包茎には大きく3つの種類があります。それぞれ、仮性、真性、カントンと呼ばれていて状態も違います。自分でペニスの皮を向けるが、普段はかぶっている状態を仮性。皮を向く事ができない状態が真性。皮を向くことはできるが、向いた状態だと亀頭を締め付けてしまい元に戻らなくなってしまうのがカントンです。それぞれ治療法が違います。まずは自分の状態が何に当てはまるのか?そこから始めましょう。

おすすめのクリニック:上野クリニック
業界老舗のクリニック

業界トップクラスの症例数をもとに、さまざまなタイプの包茎にベストな治療を受けられると評判です、また、生涯無料の再診システムを導入し、いつでも、どこでもカウンセリングがでくる安心のアフターフォローも提供しています。

▲ページトップへ戻る